BIGLOBEのお得&キャンペーン情報

BIGLOBE SIMの通信速度

BIGLOBE SIMの回線は、ドコモの4G回線である375Mbpsという高速回線を利用したサービスを提供しています。通信スピードに関しては、利用する回線はdocomoが使っているものと同じ回線なので、安定した通信状態を保つことができます。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、BIGLOBE SIMのとても魅力的な部分ですね。これから、MVNO・格安スマホと言ったサービスが更に広がっていきそうですね。

BIGLOBE SIMの3日制限について

どのMVNOにおいても一緒ですが、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしていました。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、設定容量を超えたユーザーには、通信の速度にリミットがかかっていました。直近3日間での通信制限が撤廃されたのです!ということで、BIGLOBE SIMのSIMにおいては、ビデオ通話で長電話したあとでも、3日制限を憂慮する必要はないので、使いやすさは格段に向上しました。

BIGLOBEの格安SIMの料金プランと解約

BIGLOBE LTEの料金プランは次のようになっています。今お使いのスマホ代と比べながら、どのくらい安くなるのか判断材料の一つにして下さい。どれだけ安いのか、BIGLOBE LTEのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

月額プラン・初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、SIMにはデータ通信SIMと音声通話SIMの2種類があります。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 音声通話用のSIMカードを選ぶ必要があるので、それを注意してください。通話SIMの月額プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

ベーシックプランは200Kbosと低速ではあるけれど、その分使い放題なプランで、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている262.5Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。最初にかかる費用は3,240円ですが、それと共に端末費用も必要です。

BIGLOBE SIMの最低利用期間について

解約縛りと解約手数料について、ご紹介していきます。データSIMは、最低利用期間の決まりはありません。つまり、いつでも解約が出来る上、解約の違約金も発生しません。しかし、通話SIMの場合は、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、違約金の8,000円を支払わなければなりません。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

BIGLOBE SIMの特色

MVNOの一種であるBIGLOBE LTEでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。なんといっても毎月の代金が900円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。docomo回線を利用しているBIGLOBE LTEは、通話品質や電波の届き具合もdocomoとなんら変わりはありません。エンタメフリーといわれるサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっています。このエンタメフリーで動画や音楽などストリーミングサービスで通信量を消費することなく使えるのです。YouTube、Google Play Music、Apple Music、Abema Musicなど無制限で使えるのでとても便利です。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、BIGLOBE SIMについて詳しく調べてまとめましたので、少しお付き合い頂ければと思います。

docomoエリアで使える格安スマホサービス

ISPでおなじみのBIGLOBEが運営しているBIGLOBE LTEは、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供しています。ですから、通話品質としてはドコモを使用しているのとほぼ変わらなく、対応するエリアの範囲は広いので、つながりやすさはピカイチです。BIGLOBE LTEではdocomoのスマホならほとんどの機種が利用できるようになっています。現在スマートフォンを所持していない場合は、BIGLOBE LTEの利用契約とセットで端末を購入することもできます。ドコモのスマートフォンをすでにお持ちの方であれば、BIGLOBESIMカードの契約をするだけでそのまま使用できますので、別途お金を払ってスマホを買わなくても大丈夫です。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

セット端末が豊富すぎる

現在所持されている端末が、BIGLOBE LTEに対応していないという方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は、新たにスマートフォンを購入する必要があります。BIGLOBE LTEでセット販売されている端末は、かなりの種類があり、他のMVNOと比べても豊富なラインナップとなっています。また、スマホだけでなくタブレットやSIMフリールーターも豊富に取り揃えているため、お気に入りの端末を見つけることができるでしょう。

データ通信量の繰り越し

プランにより高速データの通信容量は異なりますが、せっかくのプラン分の容量を使いきれずに残ってしまう月もあると思います。余っている通信料がもったいないと思うこともあると思いますが、BIGLOBE LTEなら、翌月に繰り越して使用する事が可能です。容量が余っても次の月になるとその分がまったく考慮されないMVNOもあるので、繰り越しをさせてくれるBIGLOBE LTEのこのサービスは魅力的です。繰越しサービスがあれば、データ通信料も無駄なく使えてお得感がありますね。

電話料金がお得になる、BIGLOBE電話

BIGLOBEが提供する「BIGLOBEでんわ」では、通話料が50%OFFになる魅力的なサービスです。IP電話と違って、プレフィックス型電話サービスと言うモノで、自分側の電話番号が、相手先に確実に通知されるようになっています。常に使用する電話番号は当然、相手側に通知されるのです。携帯番号での番号通知ができるので、電話を掛けた相手も番号がすぐにあなただとわかるのでBIGLOBEでんわは普段の通話となにも変わりません。IP電話の多くは、非通知発信しか出来なかったり050番号が相手先に通知されたりと、使い勝手が良いとは言えませんが、逆にBIGLOBEでんわはそういった不便さはありません。

3分通話し放題とは?

日本の3大携帯電話サービス会社は、どれも電話かけ放題のプランを用意しておりますが、残念ながらまだ、たいていのMVNOはこのプラン設定の導入に二の足を踏んでいるようです。MVNOの格安スマホは気になりますが、電話を掛けることが多いので逆に高くなってしまいそうだと心配される方でも安心できるサービスです。月額650円で通話し放題のがBIGLOBE LTEから新たに登場しました。ただし、1回の通話が3分以内というものです。しかし回数制限はありません。この新しいサービスである「3分かけ放題」は、普通の電話回線を使うようになっていますので、BIGLOBEでんわなんら変わらず、かけた人の電話番号通知することもできるので、通常の電話と何ら変わりなく、話し放題サービスが利用できるという魅力的な特徴です。BIGLOBEでんわで通話した場合の料金は、1分21.6円ですので、月に1時間以上通話している方にとってはお薦めのサービスですね。

MAX60分の無料通話つき通話パック60も魅力的

3分かけ放題で650円に加え、新たに「通話パック60」というお得なオプションが選択可能になります。月々650円で無料通話1,200円が必ずついてくるお得なサービス。いつも電話で通話時間が毎回3分以内で終わる方には、3分かけ放題の方がおススメとなっていますが、長電話を時々するかな~といった方には、この通話パック60の方が断然オススメです。通話オプションもご自身で選んで頂けますので、ぜひ検討してみてくださいね。

到着月は無料に!

SIMをBIGLOBE LTEで契約をすると、はじめの1ヶ月はタダで使えます。最初の一カ月とは、SIMカードが届いた月からの一カ月です。SIMが届いたタイミングにより、1カ月分の料金が丸ごとゼロになることもありえます。ただ、前の通信会社との契約の都合で、解約手数料などが必要になったりする場合もあるので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。解約時期は、慎重に!

今月の限定キャンペーン!!

楽天モバイルの口コミを調べてみた!キャンペーンや料金についてもレポート

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルでは、0速度に関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの3日間制限について

楽天モバイルでは、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしていました。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、200Kbpsという低速通信を適用していたのですが、嬉しいことに、直近3日間での通信制限が撤廃されました!つまり、楽天モバイルのスマホに関して、直近72時間の通信料を気にする必要は、ないので、利便性の向上としてはかなり大きな進歩です。

楽天モバイルの月額費用と解約

楽天モバイルの料金プランには、どのようなものがあるのでしょうか。毎月の携帯代と比べて、どれだけ通信費が節約できるかがわかるので参考にしていただければと思います。さて、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

料金

楽天モバイルの料金は、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。番号が070、080、090で始まるものは音声通話SIMとなるので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランとは、 通信速度が200Kbpsと低速ですが使い放題のプランで、それ以外のプランを選ぶとdocomoのLTEという高速回線が利用できるようになります。最初にかかる費用は3,240円ですが、それと共に端末費用も必要です。

楽天モバイルの契約縛りについて

解約縛りと違約金について、まとめましたので、ご紹介します。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。一方通話SIMについては、最低12か月の利用が必要になってきます。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、解約手数料として、9,800円が発生してしまいます。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

楽天モバイルのチェックすべき項目

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。その中でも月額1,250円で利用出来るサービスが話題を集めています。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、電波の入る範囲や通話の品質などドコモと同じなのです。さらに、楽天モバイルを使用している間は楽天市場で買い物をするとポイントが倍になるのです。楽天モバイル等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。楽天モバイルの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。楽天モバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoの基地局を使った格安スマホ!

ご存知ですか、格安スマートフォンで有名な楽天モバイルは、ドコモの回線を使用しています。楽天モバイルと契約してもNTT docomoの回線を使用するため同じ通話品質を確保することができますし、広範なエリアで使える上、つながらないことが少ないという安心感があります。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。ドコモからの切り替えではなく、楽天モバイルで発売されているスホを直接ご購入いただくことも可能です。ドコモのスマホを持っているのであれば、SIMカード単体契約のみで今までどおり使えるので、また新たにスマホを購入しなくていいのです。信頼のdocomo回線を安く利用できる格安スマホサービスということですね。

格安スマホの機種が豊富で嬉しい

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、お手数ですが、新規でスマホを購入していただくことになります。楽天モバイルで取り扱っているスマートフォンは、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。スマートフォンだけでなくタブレットも選択可能なため、用途に合わせて利用可能です。ただひとつ、残念な点が、端末を分割払いする場合は楽天カードを利用する必要があるということです。楽天カードを未所有の場合、本体購入代金は、現金で一括で支払う事になります。しかし機種の選択肢が豊富であることは、楽天モバイルの大きな魅力です。

高速データ通信量の繰越し

プランごとにデータ容量が違いますが、使用量が少なかった月があると、余ったデータがかなり残ったままということがあると思います。楽天モバイルでは、こういったことも考え、今月の分を繰り越して、翌月に使用することが出来ます。月度内に消化できなかったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスが無いMVNOもあり、この様なサービスを提供している楽天モバイルは、メリットが大きいサービスであるといえます。格安のスマホに、データ容量の持ち越しと、どこまでもユーザー目線に立ったサービスを追求しているのが楽天モバイルなのですね。

通話代がオトクな、楽天でんわ

今話題の「楽天でんわ」は通常の通話料金が「半額!」になるサービスです。プレフィックス型通話サービスと言われるもので、IP電話と違い、かけた人の電話番号が、向こうにわかるように表示されます。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。相手側からみると、いつもの電話となにも変わりません。大抵のIP電話では、非通知表示であったり、050から始まる番号が表示されたりしますので、使っていて不都合が生じがちです。これに対し、楽天でんわは極めて利便性が高いと言えます。さらに楽天でんわで通話した分の料金に対しては、利用した程度に基づいて楽天ポイントが付与されていきますから、ますますお得感がありますね。これだけじゃありません。

5分カケホーダイ

auやドコモ、Softbankといったキャリアは、どこにかけても通話料無料という料金プランがある一方、MVNOの大半が通話し放題サービスには対応していません。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。このオプションは、通常の回線と同じく電話回線を使うため、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、通常の電話の発信機能を落とさず、5分以内の通話がかけ放題になるところがこのプランの一番の魅力です。NifMoにも話し放題のサービスはあるものの、かけた人に電話番号が相手方に表示されないことがままあるようです。楽天でんわでは、1分あたり21円ほど通話料がかかるので、この新サービスは、毎日、2分程度のちょっとした連絡を毎日するという人には、たいへんお得なサービスです。

到着月は無料に!

楽天モバイルでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、最初の一か月分の料金が無料になるのです。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMカード到着する日によっては、一カ月丸ごと無料になることもあります。しかし、今使っているスマートフォンなどの解約にかかるお金も考える必要がありますので、一概に月初まで待つのがおトクとは言い切れません。 ”

【今月開催中】キャンペーン

話題の格安スマホ「UQモバイル」の評判や料金体系についてまとめてみた

UQmobileの特徴まとめ

UQモバイルは、auやAU、Softbankなどの大手携帯電話キャリアよりも使用料が安くすむMVNOの1つです。docomo・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。現在話題となっているのが、月々1,980円で利用できる無料通話つきの格安SIMサービスです。このスマホは、AUと同じ回線を使っているので、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもAUのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。UQモバイルの場合、テザリングが無料で使える点も大きなメリットの一つと言えるでしょう。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、UQモバイルのすべてを網羅したつもりです。格安スマホで節約したお金で何買いますか?

AU回線網を使った格安SIMサービス

UQコミュニケーションズの提供する格安スマホはAU回線を使用しているのです。ですので、通話の品質はAUと比べてもなんら変わりはありませんし、AU回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。現在AUのスマートフォンを使用しているのであれば、多くの機種ではそのまま利用しUQモバイルで使用することができます。また、端末はAUから買わなくてはならない訳ではなく、UQモバイルからSIMフリースマホセットで購入することもできます。AUのスマホが手元にあるなら、UQモバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。AU回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

UQモバイルで注目したいのが、VoLTE対応というところです。VoLTEは、今までの通話サービスよりも、よりよい音質で通話できる、最新通話技術のことです。今までの通話方式では、周波数、300Hz〜3.4kHzの音のみ拾えました。しかし、VoLTEの技術によって音域を50Hz〜7kHzまで拡大させることができました。簡単に言うと、とても高音質な通話することが可能になっているということです。これはUQモバイル最大の利点の一つです。

データ繰り越しが可能

UQモバイルのいいところは、パケットの通信量を次の月に繰り越すことも可能なので、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、無駄なく安心して使用することができるのはとても嬉しいことです。また、UQモバイルには画期的なターボ機能というものがあり、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。データ容量を無駄使いしたくない人にはかなり重宝する、便利な機能です。

UQモバイルのインターネット速度に関して

あらゆるMVNOのうち、UQモバイルは、通信回線の速度が速いことで知られていて、ユーザーからの評価も高いです。このことは格安SIMアワード2015の結果でもわかるとおり、UQモバイルは通信速度部門において見事第一位に輝きました。動画などの重いコンテンツが増えている今、通信速度、それも実効速度が一番重要だと考える人には、UQモバイルが一番適していると言えます。今後、MVNOや格安スマホがさらに多様なサービスとともに展開していくでしょう。

UQモバイルにおける72時間制限について

MVNOすべてで共通ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、定められたデータ容量を超えた人に対して、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。UQモバイルでは、各プランごとの規定値は規定されていないようで、すべてのプラン共通で、3日で6GBが規定値に設定されています。

UQモバイルの口コミ

UQモバイルにどんな利点があるか説明するなら、本家越えをしているともいわれるその実効通信速度の速さにあります。インターネットでの口コミやレビューなどを見ても、UQモバイルはいいと答える人の割合も多く、料金プランの選択肢が少なかったり、月額面で他社より高いという欠点はありますが、トータルで考えると、MVNOの中では大変使いやすい、優良な格安SIMです。格安スマホもそれを考えればおのずと選択肢の必要性となるでしょう。

快適すぎる高速通信の速度

UQモバイルの一番の長所は、何と言っても、他社の追随を許さない安定したスピードを誇る高速通信です。わたしが現在契約しているいくつかの格安SIMの中でも、とても通信速度が早いです。なおかつ安定しているので、メイン携帯でUQモバイルを利用しています。安定した高速通信を探している方へ、1番使いやすいMVNOはどこか?について考えているなら、私はUQモバイルにするべきだと思います。他のMVNOよりも少し月額の値段が高いですが、通信速度が遅くイライラするよりは、速くて快適な方がいいと思います。

UQコミュニケーションズの格安スマホの料金と解約について

UQモバイルの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。月々の携帯代と見比べながら、通信代がどれくらい安くなるのか、キャリア選びの参考になれば幸いです。どれぐらい節約できるのか、UQモバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

UQモバイルの料金プランまとめ

UQモバイルの料金プランは、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声SIMの料金プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ通信専用SIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

UQmobileの解約手数料

解約制限と解約手数料に関して、説明していきます。データSIMの場合、利用期間の縛りはありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。音声通話SIMだと、1年間は、違約金なしに解約できない決まりになっています。1年以内に解約をした場合は、解約手数料は9500円かかりますので注意が必要です。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

終了間近のキャンペーン

格安スマホ「Uモバイル」の料金や速度を徹底解剖してみた!

Umobileとは?

格安スマホを取り扱っているMVNOのうちの一つにUmobileがありますが、これは、サービスを運営しているのは、動画配信等における大手企業U-NEXTが取り扱っているサービスです。U-NEXTは通信会社で2015年に東証一部上場しているので、東証に上場することが可能なだけ市場の信託を受けている会社で、まだ知名度は低いですが、格安スマホの中ではとても人気があります。サービス特徴は、高速通信使い放題プランがあり、しかもLTE回線です。高画質な動画などをストレスなく見たいというような人はLTEを使い放題にできるUmobileが絶対のおススメです。前置きはこの辺にして、Umobileの評判から速度まで、まとめてみました。節約料金を妄想しながら、楽しんでいってください。

docomo回線網を利用したお得なスマホ!

Umobileはdocomoの回線を使用しています。そのため、通話品質はdocomo同様、高品質ですし、使用可能エリアも広いため、繋がりにくく不便だと感じる事はありません。docomoのスマホなら、大半の機種が、Umobileでそのまま使えます。これを機会にスマホ本体も更新したいという方のために、U-mobileはお得なセット販売も行っています。docomoの端末をお持ちの方に限って、SIMカードを契約するだけで簡単にUmobileを利用することができる為、乗り換えに大きな費用をかける心配もなく、スムースに移行できるのも魅力でしょう。Umobileはdocomoと同じようなサービスを受けながら月々の支払いが安くなるという嬉しいサービスです。

LTEが使い放題

MVNOのUmobileではお客様に喜んで頂くために、LTE無制限というプランを設定していて、ほとんどのMVNO事業者が対応できていない現状において、Umobileの他社にはない魅力の一つとなっています。LTEの高速回線を通信制限なく、たくさん利用したい方にとって、速度制限や通信制限を気にする必要がありませんので、最適なプランでは無いでしょうか。LTEの高速通信が使い放題なのに、月額料金は3,000円未満という驚きの料金です。大手のキャリアプランより安いのにもかかわらずデータ量の上限がないので本当に魅力あるプランですLETの使い放題プランの中ではコストパフォーマンスがかなり優れています。高速通信を多く利用されるユーザー様にとっては、特におすすめできるMVNOとなっております。LTE使い放題プランについての詳しい情報は、Umobileの公式サイトで入手できます。

即日MNPが可能

Umobileでは、即日MNP(携帯電話番号ポータビリティ)に対応しており、携帯電話会社を変更した場合でも、電話番号はそのままご利用いただけます。MNP届け出方式と呼ばれる方式をUmobileでは採用しているので、MNPの届け出をインターネットから行う事で、サービス不通期間なしに、MNP転入ができます。これまでは、即日のMNPを行う場合には、店舗まで足を運ばなければなりませんでしたが、今では、自宅や出張先等でも、手軽に即日MNPをすることができるようになっています。MNPのときに回線が使えなくなる期間が出ることで、なかなか乗り換えに踏み切ることができなかった方には朗報ですよね。即日MNPの手続きが完了する流れは、SIMカードが手元にある状態でUmobileのマイページにアクセスし、そのページ内の『回線切替ボタン』を押すだけで終了します。難しい事はなにもなく、簡単に切り替える事ができるので、格安スマートフォンが一段と身近になりますね。

U-NEXTの格安スマホの月額プラン

格安スマホで今話題のUmobileの料金や通信スピードなどについてちょっと説明させてください。今、月々かかっているスマホの料金から、どれだけ携帯料金がお得になるか、考えながら見ていただければ良いと思います。どれぐらい節約できるのか、料金プランの詳細を見てみましょう。

Umobileの料金プラン・初期費用

Umobileの月額プランは、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、データ専用SIMを選択すると使えませんのでご注意ください。音声通話SIMの月額プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データSIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

その代わりに毎月の料金がLTE使い放題プランと比べると、250円お得になるサービスになります。

解約制限

Umobileの最低利用期間と解約手数料、これは事前に把握しておきましょう。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『6ヶ月間』が設定されています。仮に、6ヶ月以内に契約を解除するのであれば、6,000円の解約手数料が必要になります。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、7ヶ月以上経てばいつ解約しても良いので、安心です。

「LTE使い放題2」プランの契約縛り

Umobileにおいては、他社と違ってLTE使い放題2プランだけが、特殊な、解約制限を設けています。6ヶ月以内で解約するとなると、9,500円の解約違約金が掛かります。また契約日から半年以降でも1年以内に解約をする場合に、3,500円の解約料金が発生します。また、プラン変更を利用開始月から11ヶ月以内で行う場合にもプラン変更手数料として3,500円が必要となります。他のプランとは違い、特別に最低利用期間・解約料が設定されている事は理解しておいてください。しかし、違約金というデメリットがある一方で、月額料金が割引となるプランのため、利用期間が1年以上になる方であれば、LTE使い放題2プランを断然おすすめさせて頂きます。

Umobile口コミについて

Umobileには多くのメリットが見られます。その1つとしては、4GLTEの使い放題ができるプランではないでしょうか。高速通信を無制限で利用できるという、このdocomoのサービスは、他にはほぼ類を見ないプランです。この、使い放題プランを利用して、他社から乗り換えれば、月ごとのスマホ利用料金を大きく抑えることもできそうです。

音声通話SIMなら、U-NEXTポイントが毎月!

多くの利用者を抱える動画配信サイト「U-NEXT」で利用できる、U-NEXTポイントを月毎にもらえるところも魅力です。LTE使い放題2プランは月400ポイント、そのほかのプランでは月600ポイントが付与されます。U-NEXTで配信されている動画は、1本およそ300円なので、毎月2本程度の動画を実質無料で見ることができます。作品の種類は充実しており、映画、ドラマ、アニメ、大人向け作品等、豊富に取り揃えております。月額3,000円以下の料金で400~600ポイントもらえるのは、かなり思い切った特典だと思います。

Umobileの速度

たくさんあるMVNOのうち、Umobileは、docomoの4GLTE(262.5Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。そのサービスの回線速度や対応エリアに関しては定評があります。

Umobileでの3日間制限に関して

キャリアにしろ、MVNOにしろ、契約者が公平で快適な通信が行えるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、速度が制限されます。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。ただ、Umobileの場合、速度制限の対象とする直近72時間の通信量を発表していません。

【まもなく締切】キャンペーン

「mineo(マイネオ)」格安SIM使ってみた!速度や評判など徹底比較!

マイネオ月額費用と解約

mineoを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。今現在利用しているスマートフォンの利用料と比べながら、通信代がどれくらい安くなるのか、これを読んでわかってもらえたらな。と思っています。では、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

mineoの月額プラン

マイネオの料金プランは、SIMにはデータ通信用と音声通話ができるものの2種類があります。070や080、090といった番号を使用する場合は、音声通話可能SIMを使うことになるので、携帯電話やスマートフォンで今まで利用していた通話機能を利用する場合には、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円です。

2年縛りは?

mineoのMNP転出手数料に関して、ご紹介していきます。 mineoは利用期間などの制限を設けていないため、mineoを解約するときに、手数料などを取られることがありません。この様なサービスがあると、金銭的にも格安SIMを試し易くなるので、非常に魅力的なMVNOの一つです。ただ、一つだけ気をつけないといけないのは、1年以内のMNP転出だけはMNP転出手数料として12,420円が掛かります。音声SIMで契約する場合は、注意する必要があります。

mineoって?

mineoは格安simを提供する会社で、docomo回線とAU回線を利用したサービスを提供しています。docomo・au・ソフトバンク。これら3社からの乗り換えの場合、月々の料金がとてもお安く利用できるお得なスマホサービスです。mineoは、月額料金がわずか1310円ということで注目されています。mineoは日本初のマルチキャリアMVNOであり、キャリアでもトップクラスのdocomoとAUの回線プランを取り揃えています。通話の品質や電波の提供エリアはdocomo・AUと同一なので、節約しつつ使い勝手も保証された安心のMVNOです。前置きはこの辺にして、mineoの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。どうぞ楽しんで♪

docomoとdocomo・AUエリアで使える格安SIMサービス

格安スマホサービスのmineoはdocomo回線、AU回線を利用出来るプランを用意しております。キャリアと同じくらいの高音質で通話も今まで通り行っていただけますし、電波の届くエリアも同じです。docomoまたはauのスマホ本体をそのまま使うことができて、スマートフォンを新規購入する煩わしさもありません。高額な新機種のスマホを買わなくていいので、節約することができますね。mineoで販売されている格安スマートフォンを購入し、利用することもできます。auやdocomoといった、昔から実績のある回線を格安で使うことができ、au回線にするかdocomo回線にするか、自分で選択できます。料金に多少差異がありますし、端末を購入する際は回線によって選べる端末も違いますから、その点を考慮してどちらにするか検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTE対応!

mineoの注目ポイントはVoLTE対応プランを用意していることです。VoLTEは今までの音声電話と比較して、格段にクリアな音質に改良された、最新通話技術のことです。これまでの音声は、300Hz〜3.4kHzまでの周波数しか拾えませんでした。しかし今回のVoLTEにおいては拾える音が広がり、50Hz〜7kHzまでの音を拾うことができるようになりました。すなわち、今までと異なり、快適な音質での通話が可能ということになったわけです。mineoの売りの一つが、VoLTEの採用によって実現した高音質通話なのです。

翌月繰越しOK

mineoを利用すれば 、データ量が制限内で収まれば、また翌月に通信量が繰り越されて、毎月使用するデータ量にけっこうばらつきがあるという人でも、無駄なく使うことが出来るため、かなりお得です。

mineoアプリで通信量を抑える!

mineoスイッチというものがあり、通信速度の高速・低速を選ぶことができます。この機能を使えば無駄にデータを消費してしまうのを防ぐことができるので非常に便利です。Wi-Fiとmineoスイッチを上手に併用することで、安いプランを選んで月額料金を抑えることもできると思います。スマートフォンにかかるお金を削減する方法としては、非常に魅力的です。

mineoの回線スピード

mineoのデータの通信の速さをご案内します。ドコモプラン(Dプラン)で使用しているのは回線速度225MpsのLTE回線ですし、AU回線利用でAプランでもLTE回線で225Mbpsになります。昼間や夜間などのピーク時間帯の通信状態については、多くの通信関係の媒体でいわれている通り、mineoはキャリア契約しているものには、通信速度は劣ってしまいます。アクセスが集中する時間帯でも安定した通信速度を求める方には、間違いなくキャリア契約の選択をおすすめします。キャリアとの提携プランといっても、それでも相当安くなるので、混雑時に通信回線の速度が遅くなったとしても、格安スマホはかなりいいサービスだと思います。

mineo AU回線プランにおける通信制御

MVNOすべてで共通ですが、誰もが同じように使用できるよう、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しております。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持しています。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。mineoでは、各料金プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランの速度制限

mineoのdocomoの回線のプランの場合、最近三日間で使用した通信量による通信速度の制限はありません。日によって使うデータ通信量に差がある方にとっては、そんな方は、制限があるau回線のいわゆるAプランよりも、3日間に使用したデータ量に応じた制限に気を取られず、利用することができるでしょう。自分の使い方ってどんな感じだったっけ。といったことも考えて、どちらのプランにするか考えてみて下さい。

【期間限定】キャンペーン

格安SIM「IIJmio」の速度や評判をレポート!

IIJmioSIMの特徴

今日ご紹介したいのは、株式会社インターネットイニシアティブの格安SIMと格安スマホ「みおふぉん」です。「みおふぉん(IIJmio)」はインターネットイニシアティブが提供している音声通話付き格安SIMサービス、いわゆる格安スマホのことで、昔からMVNOサービスをチェックしているユーザーならば、IIJmioという名前は馴染みのある言葉だと思います。格安SIMアワード2015顧客満足度調査で、最優秀賞を受賞(総合部門)を受賞したほどの実力を持っています。最優秀賞を受賞した理由として、顧客サポートの充実ぶりや通信速度の安定性があります。ということで、IIJmioの料金プランから、キャンペーン情報まで網羅しましたので、ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

docomo同エリアの激安なスマホ

通信費用がお得なことで有名なIIJmioですが、その特長はdocomoの回線を使っているところにあります。従ってdocomoが提供する品質と同じ通話品質が得られますし、サービスエリアもdocomoと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。これまで使用していたdocomoのスマホであれば、IIJmioでもそのまま使うことができます。IIJmioがセットで購入をお勧めしているSIMフリーのスマートフォンを買って使うことも無論可能です。docomoのスマホが手元にあるなら、IIJmioでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。docomo同様の信頼と広範囲のカバー率で安心の、しかも格安というお値打ちなサービスです。

バースト機能採用で、快適な低速通信

バースト機能という使い勝手の良い機能が、IIJmioに搭載されています。バースト機能とは何なのか分からない方にご説明します。IIJmioのバースト機能は速度制限がかかっている状態でも、最初の3秒間ほどは高速のデータ通信を行えるもので、ページを表示する速さが向上出来る機能になっています。このバースト転送機能があると、低速通信時のインターネットが快適になり、ページ表示の遅さが和らぐため、イライラしないでネットサーフィンを楽しめるので、注目の機能なのです。しかしながら、今のところ、この機能が搭載されているのはIIJmioとDMMモバイルのみのようです。

データ通信量の翌月繰り越し

データ容量はプランによって異なりますが、データ使用量が少ししかなく、容量が余ってしまう月もあるのではないでしょうか。そんなとき、利用しているのがIIJmioだったなら、使わなかったデータ容量を繰り越すことが可能です。大手キャリアでは当たり前になっているこのサービスですが、格安SIMの中には繰り越しができないところもあるので、余ったデータ容量を繰り越せるというのはIIJmioを選択する理由の一つとなります。せっかく格安スマホを使うなら料金の節約に加えて、通信容量も無駄なく使いたいものですね。

家族シェアなら、10人までシェアできてお得!

IIJmioのファミリーシエアプラン、簡単にいうと、家族でパケットを分け合えるプランなら、SIMカードの追加ができちゃうんです。その数なんと最大10枚!家族みんなのスマホをIIJmioにすれば、価格差はキャリアを利用している時よりも、大幅に削減する事ができます。家族みんなの携帯代金の合計を考えると、IIJmioのファミリーシェアなら、かなりの節約になりますね。このサービスを使って、浮いたお金を何に使うか、家族みんなで話し合うのも楽しいですね。サポート対応が好評の IIJmioであれば、格安スマホを初めて利用される方でも安心です。「みまもりパック」のオプションサービスを付けることで、安心して子供用のスマホとして利用できます。

みおふぉん料金プランと解約に関して

IIJmioの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。現在お使いのスマートフォンの毎月のお支払額と比べて、どのくらい通信量がお得になるのかを、確認してみるとよいでしょう。 月額プランを見てみましょう。

IIJmioの料金プラン・初期費用

IIJmioの月額プランは、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円です。

データ専用SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約制限

IIJmioの違約金、契約する前に、把握しておいてください。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。ただし、通話SIMには12ヶ月の最低利用期間が設定されています。もし何らかの理由により12ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、違約金が9,000円も発生してしまうのです。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

IIJmioの評判について

llJmioのアピールポイントは、まず知名度が高いこと、そしてアフターサービスの評価が高いことです。格安SIMアワード総合部門最優秀賞受賞という結果からもそれらは証明されており、高い評価を受けていることがわかります。お客様へのアフターサポートも優れているため、今まで格安スマホ/SIMを使った経験が無い人でも、格安スマホデビューがスムーズに行えるMVNOなので、ぜひ検討してみて下さい。

アフターサポートの手厚さと実効速度の安定感が魅力

IIJmioの口コミや評判を調べていると、いつも安定している通信とサポートの丁寧さが評価を高めている要素のようです。イードが主催する格安SIMアワードにおいて利用者満足度第一位として最優秀賞を受けるほどのMVNOです。なんといっても、IIJmioはオススメの格安スマホだと思いますまた、多くのMVNOの中でも、ブランド力と信頼性を兼ね備えたMVNOと言えます。高い評価を受けている格安スマホですので、これから格安スマホや格安SIMにしようかとされている方には、絶対後悔させないと言い切れる自信に任せてください。

IIJmioの通信速度

MVNOは各社が種々のサービスを提供していますが、IIJmioは数あるサービスの中でも、262.5Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。通信速度は高水準で、安定しており、実際に利用しているユーザーの口コミなどにおいては、高く評価されているMVNOという反応が多く見受けられます。スマホは高いというイメージがありますが、価格が安くて速度も申し分が無いスマホをお探しなら、IIJmioが最も良いのではないでしょうか。

こちらの格安SIM速度が参考になると思います。

IIJmioでの速度制御について

IIJmioでは、低速通信を利用している時に、直近の三日間の通信量によっては、速度制限の対象となることがあります。しかし、高速通信を利用している場合には、いずれのデータ通信量であっても72時間制限の影響を受けることはありません。利用者の平等な利用環境のために、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、定められた量以上のデータを通信したユーザは、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持しています。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。

【締切間近】キャンペーン

格安SIMを徹底分析!DMMモバイルの速度や評判、料金について

DMMモバイルの特色

最近話題になっており知名度上がってきている、格安SIMサービスの一つであるDMMモバイルは、動画配信やレンタル業などを幅広く手がけるあのDMM.comが、力を入れている事業です。DMMモバイル最大の魅力は、スマホの利用が月額440円からという業界最安値を売りにしていることです。携帯料金が家計を圧迫している人などにお勧めすることができるMVNOとなっています。通信は、非常に速く、回線も安定していて、サクサクとインターネットを使えることも好評を博しています。さて、それでは、早速、DMMモバイルの魅力をぐっと凝縮しました。DMMモバイルの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomo回線網を使った格安SIM

オンラインレンタルで知られるDMM.comのもう一つの顔である、「格安スマホ・SIM」サービスを提供する「DMMmobile」は、通信回線はNTTドコモのものを使っています。docomoと同じく信頼の高い通話品質ですので、また、当然ながらそのサービスエリアも安心の広範囲をカバーしていますので圏外の心配もほとんどありません。docomoのスマホを利用している方は、だいたいの場合その機種を変更することなく利用できます。またDMMモバイルでは、SIMフリースマホを販売しています。当然それとセットで購入する事も可能です。また、docomoのスマホを引き続きご利用いただく場合には、SIMカードのみの契約でOKですので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。DMMモバイルを一言でまとめると、docomo回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

iPhoneが割賦可能!

DMMモバイルはiPhoneを分割で支払えるというメリットがあります。通常MVNOで扱う端末といえば、格安な端末の場合がほとんどであり、iPHoneはほとんど扱われていないというのが現状です。ところが、DMMモバイルでは、最新のiPhoneシリーズまでも取り揃えており、MVNOでiPhoneを購入したい場合、さらに分割払いにしたい場合はDMMモバイル以外に思い浮かぶ会社はありません。できるだけリーズナブルにスマホを利用したい上に、iPhoneをセットで買いたいと思うなら、、DMMモバイルが最適といえるでしょう。DMMモバイルでは、iPnoneが在庫切れになっていることが多いので、在庫があるのを見つけたら、すぐに申し込むことをおすすめします。

余ったデータ通信量の繰越し

利用プランによって使える容量は異なりますが、時によってはあまり使用しなかったためにデータ容量がたくさん余ってしまう月もあります。しかしDMMモバイルを利用していれば、嬉しいことに翌月繰り越しサービスがあるのです。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、この翌月繰越は、多くのユーザーがDMMモバイルを選ぶ理由のひとつと言えるでしょう。データ通信量も無駄なく使えて、繰り越しサービスがあるのはお得ですね。

即日MNPが可能

DMMモバイルは、即日MNPにも対応しており、今までの番号を使い続けるのも簡単です。お申し込み時に、MNP転入方式を、「届出方式」にしていただくと、インターネットを通して手続きを済ますだけで、携帯電話が使えなくなる期間が発生せずにMNPの手続きを完了することができます。以前はMNPを即日に申請する場合は店頭での申し込みのみでしたが、現在は、店舗へ出向かず自宅で、即日MNPができるようになっています。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、乗り換えをしたいけど迷っていた方も、これで安心して乗り換えができるようになりますね。手続きとしては、SIMカード到着後、DMMモバイルマイページにて、回線切替ボタンを押すだけで完了します。誰にでも出来る簡単な操作なので、より一層格安スマホへ乗り換える方が増えそうですね。

業界最安値なのに、更に、DMMポイントを毎月ゲット

DMMモバイルのユーザーである間、 毎月利用した金額の10%がポイントとして還元される、見逃したらもったいないキャンペーンが開催されています。毎月の基本料金だけでなく、通話料やオプション料金も対象ですので、DMM.comの動画ファンにはお得で嬉しいキャンペーンですね。他の携帯会社と比べても、月額料金が安いモバイルなのに、そこからさらに10%ポイントバックがつきますから、料金を気にしている方にも、お得なMVNOではないでしょうか。とにかく携帯代を節約したい方は、DMMモバイルをチェックしてみてはいかがでしょうか。

バースト機能があるので、さらに快適な低速通信

DMMモバイルは、他社にはないバーストという機能があります。耳慣れない言葉だと思いますので、バースト機能についてご説明いたします。バースト機能というのは、低速通信をしているときに最初の数秒間だけ高速で通信を行うことで、サイトなどにアクセスした際の、より高い表示スピードを実現させるものです。そのため、低速通信の時でも速いスピードで読み込みができるようになるので、インターネットになかなか接続できないという一番のストレスになりやすい部分を解消することができ、より軽快にインターネットを楽しむことができ、今、脚光を浴びている機能です。ただ残念なのが、バースト機能はDMMモバイルとllJmioしか搭載されていないようです。

DMMモバイル月額プランについて

DMMモバイルの料金プランや通信速度についてご紹介します。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、通信費がいくら節約できるか、計算してみてください。それでは、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

DMMモバイルの月額プラン

DMMモバイルの料金プランに関しては、両近形態はデータ通信用SIMと音声通話可能なSIMとで分かれています。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので携帯電話やスマートフォンで今まで利用していた通話機能を利用する場合には、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。通話SIMの料金は、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,380円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,910円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,680円、10GBプランで2,890円、15GBプランで3,980円、20GBプランで4,680円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円です。

DMMmobileの解約制限

解約制限と解約手数料に関して、説明していきます。DMMモバイルのデータ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。もし、12ヶ月間使用せずに解約してしまうと、違約金として9,000円支払う必要があるので注意して下さい。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、最初の13ヶ月さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

DMMモバイルの回線速度

あらゆるMVNOのうち、DMMモバイルは、docomoの4GLTE(262.5Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。そのサービスの回線速度や対応エリアに関しては定評があります。実効速度に関する定評も高く、利用者のレビューや口コミを見ても、好印象を持たられているのが事実です。安さと速さを兼ね備えたユーザビリティの高いサービスを探している人には、DMMモバイルを利用するのがいちばんいいと思います。

DMMモバイルの72時間制限

DMMモバイルでは、直近3日間の通信量によって速度制限が掛かるのは、低速通信時だけです。高速通信を利用している場合が、3日間の制限は掛かりません。利用者が平等に快適に利用できるように、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しております。具体的には3日あたりの通信容量が、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、データ通信速度を遅くされてしまいます。3日間で規定容量を超えなければ、速度制限が自動的に解除となります。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。

DMMモバイルの評判

DMMモバイルのとりわけ目立つ長所は、経費があまりかからないことと、高速でのデータ通信が可能だというメリットがあるからです。基本料金の安さも速度の速さもどちらも欲しいという方には、とても良い、MVNOだと思います。口コミサイトの評価見てみると、多くの書き込みに、この安さと通信速度が注目されています。

高速な通信速度が魅力

DMMモバイルの口コミサイトでよく書かれているのが、高速通信の実効通信が安定していて本当に速いってものが多いです。お手ごろな月額料金に加えて速度も申し分なく、巷ではDMMモバイルが注目を集めているようです。今なら10%ポイントバックキャンペーンも開催中ですので、費用の安さと通信速度の速さを、求めている方は多いのではないでしょうか。最高の格安スマホとなるでしょう。これからMVNOへの切り替えを検討している方は、DMMモバイルを利用すると経済的に高速通信を利用できるメリットを味わえますね。

DMMモバイルの割引キャンペーン