格安SIM「IIJmio」の速度や評判をレポート!

IIJmioSIMの特徴

今日ご紹介したいのは、株式会社インターネットイニシアティブの格安SIMと格安スマホ「みおふぉん」です。「みおふぉん(IIJmio)」はインターネットイニシアティブが提供している音声通話付き格安SIMサービス、いわゆる格安スマホのことで、昔からMVNOサービスをチェックしているユーザーならば、IIJmioという名前は馴染みのある言葉だと思います。格安SIMアワード2015顧客満足度調査で、最優秀賞を受賞(総合部門)を受賞したほどの実力を持っています。最優秀賞を受賞した理由として、顧客サポートの充実ぶりや通信速度の安定性があります。ということで、IIJmioの料金プランから、キャンペーン情報まで網羅しましたので、ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

docomo同エリアの激安なスマホ

通信費用がお得なことで有名なIIJmioですが、その特長はdocomoの回線を使っているところにあります。従ってdocomoが提供する品質と同じ通話品質が得られますし、サービスエリアもdocomoと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。これまで使用していたdocomoのスマホであれば、IIJmioでもそのまま使うことができます。IIJmioがセットで購入をお勧めしているSIMフリーのスマートフォンを買って使うことも無論可能です。docomoのスマホが手元にあるなら、IIJmioでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。docomo同様の信頼と広範囲のカバー率で安心の、しかも格安というお値打ちなサービスです。

バースト機能採用で、快適な低速通信

バースト機能という使い勝手の良い機能が、IIJmioに搭載されています。バースト機能とは何なのか分からない方にご説明します。IIJmioのバースト機能は速度制限がかかっている状態でも、最初の3秒間ほどは高速のデータ通信を行えるもので、ページを表示する速さが向上出来る機能になっています。このバースト転送機能があると、低速通信時のインターネットが快適になり、ページ表示の遅さが和らぐため、イライラしないでネットサーフィンを楽しめるので、注目の機能なのです。しかしながら、今のところ、この機能が搭載されているのはIIJmioとDMMモバイルのみのようです。

データ通信量の翌月繰り越し

データ容量はプランによって異なりますが、データ使用量が少ししかなく、容量が余ってしまう月もあるのではないでしょうか。そんなとき、利用しているのがIIJmioだったなら、使わなかったデータ容量を繰り越すことが可能です。大手キャリアでは当たり前になっているこのサービスですが、格安SIMの中には繰り越しができないところもあるので、余ったデータ容量を繰り越せるというのはIIJmioを選択する理由の一つとなります。せっかく格安スマホを使うなら料金の節約に加えて、通信容量も無駄なく使いたいものですね。

家族シェアなら、10人までシェアできてお得!

IIJmioのファミリーシエアプラン、簡単にいうと、家族でパケットを分け合えるプランなら、SIMカードの追加ができちゃうんです。その数なんと最大10枚!家族みんなのスマホをIIJmioにすれば、価格差はキャリアを利用している時よりも、大幅に削減する事ができます。家族みんなの携帯代金の合計を考えると、IIJmioのファミリーシェアなら、かなりの節約になりますね。このサービスを使って、浮いたお金を何に使うか、家族みんなで話し合うのも楽しいですね。サポート対応が好評の IIJmioであれば、格安スマホを初めて利用される方でも安心です。「みまもりパック」のオプションサービスを付けることで、安心して子供用のスマホとして利用できます。

みおふぉん料金プランと解約に関して

IIJmioの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。現在お使いのスマートフォンの毎月のお支払額と比べて、どのくらい通信量がお得になるのかを、確認してみるとよいでしょう。 月額プランを見てみましょう。

IIJmioの料金プラン・初期費用

IIJmioの月額プランは、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円です。

データ専用SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約制限

IIJmioの違約金、契約する前に、把握しておいてください。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。ただし、通話SIMには12ヶ月の最低利用期間が設定されています。もし何らかの理由により12ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、違約金が9,000円も発生してしまうのです。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

IIJmioの評判について

llJmioのアピールポイントは、まず知名度が高いこと、そしてアフターサービスの評価が高いことです。格安SIMアワード総合部門最優秀賞受賞という結果からもそれらは証明されており、高い評価を受けていることがわかります。お客様へのアフターサポートも優れているため、今まで格安スマホ/SIMを使った経験が無い人でも、格安スマホデビューがスムーズに行えるMVNOなので、ぜひ検討してみて下さい。

アフターサポートの手厚さと実効速度の安定感が魅力

IIJmioの口コミや評判を調べていると、いつも安定している通信とサポートの丁寧さが評価を高めている要素のようです。イードが主催する格安SIMアワードにおいて利用者満足度第一位として最優秀賞を受けるほどのMVNOです。なんといっても、IIJmioはオススメの格安スマホだと思いますまた、多くのMVNOの中でも、ブランド力と信頼性を兼ね備えたMVNOと言えます。高い評価を受けている格安スマホですので、これから格安スマホや格安SIMにしようかとされている方には、絶対後悔させないと言い切れる自信に任せてください。

IIJmioの通信速度

MVNOは各社が種々のサービスを提供していますが、IIJmioは数あるサービスの中でも、262.5Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。通信速度は高水準で、安定しており、実際に利用しているユーザーの口コミなどにおいては、高く評価されているMVNOという反応が多く見受けられます。スマホは高いというイメージがありますが、価格が安くて速度も申し分が無いスマホをお探しなら、IIJmioが最も良いのではないでしょうか。

こちらの格安SIM速度が参考になると思います。

IIJmioでの速度制御について

IIJmioでは、低速通信を利用している時に、直近の三日間の通信量によっては、速度制限の対象となることがあります。しかし、高速通信を利用している場合には、いずれのデータ通信量であっても72時間制限の影響を受けることはありません。利用者の平等な利用環境のために、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、定められた量以上のデータを通信したユーザは、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持しています。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。

【締切間近】キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)