楽天モバイルの口コミを調べてみた!キャンペーンや料金についてもレポート

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルでは、0速度に関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの3日間制限について

楽天モバイルでは、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしていました。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、200Kbpsという低速通信を適用していたのですが、嬉しいことに、直近3日間での通信制限が撤廃されました!つまり、楽天モバイルのスマホに関して、直近72時間の通信料を気にする必要は、ないので、利便性の向上としてはかなり大きな進歩です。

楽天モバイルの月額費用と解約

楽天モバイルの料金プランには、どのようなものがあるのでしょうか。毎月の携帯代と比べて、どれだけ通信費が節約できるかがわかるので参考にしていただければと思います。さて、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

料金

楽天モバイルの料金は、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。番号が070、080、090で始まるものは音声通話SIMとなるので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランとは、 通信速度が200Kbpsと低速ですが使い放題のプランで、それ以外のプランを選ぶとdocomoのLTEという高速回線が利用できるようになります。最初にかかる費用は3,240円ですが、それと共に端末費用も必要です。

楽天モバイルの契約縛りについて

解約縛りと違約金について、まとめましたので、ご紹介します。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。一方通話SIMについては、最低12か月の利用が必要になってきます。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、解約手数料として、9,800円が発生してしまいます。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

楽天モバイルのチェックすべき項目

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。その中でも月額1,250円で利用出来るサービスが話題を集めています。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、電波の入る範囲や通話の品質などドコモと同じなのです。さらに、楽天モバイルを使用している間は楽天市場で買い物をするとポイントが倍になるのです。楽天モバイル等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。楽天モバイルの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。楽天モバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoの基地局を使った格安スマホ!

ご存知ですか、格安スマートフォンで有名な楽天モバイルは、ドコモの回線を使用しています。楽天モバイルと契約してもNTT docomoの回線を使用するため同じ通話品質を確保することができますし、広範なエリアで使える上、つながらないことが少ないという安心感があります。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。ドコモからの切り替えではなく、楽天モバイルで発売されているスホを直接ご購入いただくことも可能です。ドコモのスマホを持っているのであれば、SIMカード単体契約のみで今までどおり使えるので、また新たにスマホを購入しなくていいのです。信頼のdocomo回線を安く利用できる格安スマホサービスということですね。

格安スマホの機種が豊富で嬉しい

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、お手数ですが、新規でスマホを購入していただくことになります。楽天モバイルで取り扱っているスマートフォンは、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。スマートフォンだけでなくタブレットも選択可能なため、用途に合わせて利用可能です。ただひとつ、残念な点が、端末を分割払いする場合は楽天カードを利用する必要があるということです。楽天カードを未所有の場合、本体購入代金は、現金で一括で支払う事になります。しかし機種の選択肢が豊富であることは、楽天モバイルの大きな魅力です。

高速データ通信量の繰越し

プランごとにデータ容量が違いますが、使用量が少なかった月があると、余ったデータがかなり残ったままということがあると思います。楽天モバイルでは、こういったことも考え、今月の分を繰り越して、翌月に使用することが出来ます。月度内に消化できなかったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスが無いMVNOもあり、この様なサービスを提供している楽天モバイルは、メリットが大きいサービスであるといえます。格安のスマホに、データ容量の持ち越しと、どこまでもユーザー目線に立ったサービスを追求しているのが楽天モバイルなのですね。

通話代がオトクな、楽天でんわ

今話題の「楽天でんわ」は通常の通話料金が「半額!」になるサービスです。プレフィックス型通話サービスと言われるもので、IP電話と違い、かけた人の電話番号が、向こうにわかるように表示されます。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。相手側からみると、いつもの電話となにも変わりません。大抵のIP電話では、非通知表示であったり、050から始まる番号が表示されたりしますので、使っていて不都合が生じがちです。これに対し、楽天でんわは極めて利便性が高いと言えます。さらに楽天でんわで通話した分の料金に対しては、利用した程度に基づいて楽天ポイントが付与されていきますから、ますますお得感がありますね。これだけじゃありません。

5分カケホーダイ

auやドコモ、Softbankといったキャリアは、どこにかけても通話料無料という料金プランがある一方、MVNOの大半が通話し放題サービスには対応していません。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。このオプションは、通常の回線と同じく電話回線を使うため、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、通常の電話の発信機能を落とさず、5分以内の通話がかけ放題になるところがこのプランの一番の魅力です。NifMoにも話し放題のサービスはあるものの、かけた人に電話番号が相手方に表示されないことがままあるようです。楽天でんわでは、1分あたり21円ほど通話料がかかるので、この新サービスは、毎日、2分程度のちょっとした連絡を毎日するという人には、たいへんお得なサービスです。

到着月は無料に!

楽天モバイルでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、最初の一か月分の料金が無料になるのです。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMカード到着する日によっては、一カ月丸ごと無料になることもあります。しかし、今使っているスマートフォンなどの解約にかかるお金も考える必要がありますので、一概に月初まで待つのがおトクとは言い切れません。 ”

【今月開催中】キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)